06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボクラノキセキ 7巻

ボクラノキセキ 7巻限定版 (ZERO-SUMコミックス)ボクラノキセキ 7巻限定版 (ZERO-SUMコミックス)
(2012/11/24)
久米田 夏緒

商品詳細を見る
信じてるから
どの道


◇黒板に貼られていた王女への返事には七浦の主人であるユージン王子の署名が!!七浦に脅され、周囲を信じられなくなった槙は、懐柔されたフリをして背後を探ろうとするのだが…。

7巻発売されました。今回も限定版と通常版特典付きを2冊購入。ドラマCDいらないんだけどなぁ。まぁ仕方ない。サイン会は今回無理でした。残念。百花&リリーのカラーイラストがキュート。

ユージン王子
限定版表紙のユージン王子をみてうわぁ…性格悪そうな顔だなと思っていたらやっぱりw みんながいる前ではいい人オーラだしてたけど、本当はこんな人ですか。まぁ嫌いじゃない。王子とベロニカが対峙していた時は城へ急襲される少し前ですかね。ベロニカを捕らえる為に城を攻撃した?それはなんか変だな…でも、王子がベロニカを連れて行こうとしたのと城への襲撃が無関係はないと思う。王子が仮に城への襲撃を知っていたとしてベロニカを守る為に連れていこうとした?はないな。そんな態度じゃない。どうみても王子は悪顔だぜ。王子の前に倒れている人は誰だろう。まだ襲撃前だとしたらどんな理由でやられたんだろうか。王女を襲ってきてリダが倒した人かしら。『共に来いベロニカ』『-断る!私はこの城を守る!!』のベロニカの台詞が気になる。ただついていくだけならただ断るだけでいいと思うけど、城を守るって何さ。城へ襲撃され、モースヴィーグの本国の騎士達がぞろぞろやってくる前に何か問題でもあったのだろうか。それとも城へ急襲されかけている時の出来事で出た言葉?王子が言う共に来いって場所、王子の目的をベロニカがわかっていたから出た城を守るなのかもしれないし。情報が少ないから考察もしようがないな…
ベロニカとリダが共に行動をしていた時に、モースヴィーグ人達が襲って(特に反撃はしていなかった)きたのは王子の「王女を捕らえろ」という命令があったからかー。王子といつも一緒のヴィンス(手嶋野)が何も知らされてなかったのだから、王女を捕まえようとしてた人達も何がなんだかわからないままリダに倒されてしまうしちょっとかわいそうだな。ベロニカと王子に愛はなかったんだなと改めて思いました。

瀬々の前世
もう間違いなく王子だろう。というかここまできて王子じゃなかったら拍子抜けするしw 実は記憶がないのは嘘で…は考えられない。だとしたら広木に『城を守る』ってベロニカが俺に言ったとか晴澄に聞けばすぐに正体をわかってしまう事を言わないだろう。危険すぎる。前世なんていいじゃんーといつも楽観的なのは嘘で(王子の外面のように)実は裏では…だったら瀬々恐ろしすぎる。王子っぽいけれど。王子だった時の台詞が無意識に出たり徐々に記憶を思い出している感じなのかな。瀬々が王子としての記憶を取り戻したら、瀬々はどう動くのか気になります。先は長そうだ……。

七浦の主人
瀬々が仮に王子だとすると、主人がユージン王子ってのは嘘だろう。どういう理由で、七浦がユージン王子と信じたのかが気になる。それとも七浦はユージン王子じゃないと分かっている上で従っているのだろうか。初めモトがモースヴィーグの騎士だと知ってあんなになった七浦が城を襲った理由を知っていると思われる王子に仕えている理由。七浦はしたくてこうなっているわけじゃないし、脅されている線が濃厚かな。協力しなければ槙に危害を加えるぞとかなんとか言われて。七浦は本当に槙が大好きだし。前世の弱みってのもなーそれはなさそう。ユージンじゃないなら主人はリュカかな。七浦の電話相手がベロニカの事を姫と読んでいるのが気になる。ベロニカの事を姫と呼ぶのは協会側の人達。ゼレストリア人はベロニカ様か。
モースヴィーグは…王女か姫?本当に王子だとしたら王女かベロニカだと思う。今の姿でこんな事を王子(と名乗っている人)は言っているのかと思うとなんか笑える。晴澄の敵は、現世でも人が死んでも構わないと思っている奴で恐ろしいな。槙さんが理解できないタイプの人間だ。七浦一度でも晴澄がベロニカに見えたんならその辺確かめろよなー嫌々従っているんだったら晴澄だったらなんとかしてくれるだろ。殺し合いは流石にならないと思うけど、これからまた菊地が襲われるような事件が起きるのかな。嫌だー。王子に会ったという仁科。不安とか嘘だろーそんな感情を持つ人が死んでも構わないなんて言わないだろ…これで電話の相手が女(山田とか)なら面白いな。

ユージン王子とヴィンス(手嶋野)の関係
ずっとヴィンスは王子と一緒なので仲良いのかと思ってたらそうでもなかったんですか。前世の時から王子をよく思っていなかったみたいだな。少なくともオーギュスタン(矢沼)のように王子は絶対だ!みたい人ではなかったかー。王子が本心を見せていたのはヴィンスとベロニカくらいだったのかな。手紙をみて晴澄と同じように違和感を持ったのはずっと近くにいた手嶋野だからこそ。ベロニカの事を悪く言っているのを聞いてたり、理由も話さず命令するだけのそんな王子に信じるも好きになるもないか。例えこれからモースヴィーグ側が、手嶋野をグループに入れようとしても行かなそうだし安心。でも探る為に入るってのもありえそうか。覚悟を決めたのに、後悔することがいつか来るのは嫌だ。最後、言うか言わないかで話が動くな。危険な目にあっても晴澄が助けてくれるといいな。向こうは晴澄(王女)とヴィンス(手嶋野)が仲間っていうのは知らない。もし手嶋野に手を出したら晴澄が大変だぞ。まぁそれが向こうの狙いだけれども。

神官だけが使える回復魔法
百花ちゃんと御堂がこんな急接近していたなんて。この2人は前世仲良かった2人っていうのもあり今でも仲良し。かわいいなぁ百花。やっぱり皆見と大友の仲疑われてるじゃん。いいのかw 百花が思い出した前世の記憶。バルトをこの魔法で助けようとしたけど無理だったって感じかな?神官以外に使ってはいけないだけで使えないわけではないだろう。カルロが城へ戻ったのは姫をこの力で助ける為にだったらいいな。運命を狂わす力それだけの理由で、助かる人も助けてはいけない力。司祭だからという理由で助かり、助からなかった人、その人を失った家族の悲しみをみてしまったカルロ。そんな光景をみた中で思い出すのはベロニカの言葉。カルロはこんな事を経験していたのか。頭では分かっていても受け付けないそんな感じ?カルロはそんなの変だと思っているけど、教えは絶対だとも思っている。モストンが言うように迷わず心のままベロニカを救いにいっただと嬉しい。

今回、矢沼を見直しました。やるじゃん矢沼!ちゃんと考えてる。前世でも順位を気にする奴だったからこそ出た意見だなと。王女である皆見が言う影響力のでかさをわかっている。オーギュスタンは王子の本心を知らなかったんだろうなぁw 手嶋野に反発しようとする姿がかわいい。この2人前のようなギズギスした感じはないしいいなw

☆☆☆☆
初め晴澄の、話せんの瀬々の意味が分からなくて混乱したけど、前世の言葉だったのね。話はそんな動いた感じはしなかったな。瀬々の正体は確定はしていないしこれからって感じか。仁科はただ利用されていただけだったのねー王子って証拠があるのかもわからんがもう少し槙のように疑えよなーと思わなくもない。ベロニカが謝っている時に見える手は誰だろ。カルロ?リダ?グレン?百花が思い出した場所は石壁の部屋なのかも気になる。大きな事件は起こらないもののまた気になる所で終わり過去が少しわかった7巻でした。前世に執着を持っているのは晴澄が一番だと思うしそう簡単ではないと思うけど、でもそれが守る為ならそうするしかない。信じてくれる人の為に決意を新たにする晴澄はかっこよかった。大友と晴澄の急接近、百花と御堂が気にいってる。晴澄が春湖の家に行った時のみんなの晴澄を見守る図が面白かった。大好きですか。そうですか。照れててかわいい。巻末漫画の自虐ネタは悲しくなったw まぁ確かに混乱すると思う。前世と今がちゃんと書かれている相関図みたいのがそろそろ欲しいな。限定版はこれから読むので楽しみ。今回は限定版のが表紙好きかな。今回3話しか入ってないんですね。また間違えて表記されてるんじゃないかって確かめてしまったよ。長ぇ…。これ書くのに4時間かかっちゃった…。自分は何しているんだろうね(絶望)
スポンサーサイト

ボクラノキセキ 6巻

ボクラノキセキ 6巻 限定版 (ZERO-SUMコミックス)ボクラノキセキ 6巻 限定版 (ZERO-SUMコミックス)
(2012/05/25)
久米田 夏緒

商品詳細を見る

感傷的に…っ …浸ってる場合じゃなかった カルロはずっとすごく大切な人だったから!
限定版と通常版を買いました。限定版見つけるの苦労しました。特典目当てでもう一冊買いました。大友のがね…欲しかったんですよ。3冊もいらないー財布が泣いてる… ♯19を読んでた為もうずっと大友の反応が気になってて何度も雑誌を読み返したりしながら発売を楽しみにしてましたー。思うに雑誌読んだのは失敗だったのよ…

6巻は依然としてグレン、リュカ、ユージンが誰だとか、城を襲った目的は何なのかはわからないけれど、七浦の不審な行動の理由(誰かに従ってる)、そして大友が皆見達の味方になったりと話が大きく動いた気がします。

大友について
大友が晴澄の正体を知ってどんな反応をするのかなと思っていたけど、隠してた事を怒ったり普通だったな。ちょっと態度変わったりするのかと思っていたのだけど。自分だけ知らなかった大友がかわいそうだなと思いました。晴澄がベロニカと知ってしまってからの大友が固まってたり動揺が見られて面白い。こうもあっさりとあの大友が晴澄側についたのは意外ではあったけど、カルロとベロニカの仲を考えれば自然な事だったのかな。カルロはどうして城で死んだのかと大友も考えていた事を問う晴澄。もし大友の言う通りカルロが実行部隊の一員だった場合でも、カルロはベロニカを助けようとしてたみたいだったらいいけど、命令に背くような奴じゃないよなカルロは。ベロニカがカルロをとても大切に思っていたようにカルロもそうであってほしい。あんな晴澄を疑ってて怖い目をしていた大友が今は晴澄と口喧嘩をしてたりかわいらしいです。石頭!と言ってるシーンいいなぁ。大友が変わったというか晴澄が大友に対してかわいらしく(?)なってんだな。今までカルロだと思っていても昔みたいには振る舞えなかったわけだったから正体をばらした今だから昔みたいに普通に喋れてる感じ。いいなぁ。こんな風にやりとりしている所を誰かに見られたら怪しまれるかもしれませんね。前みたいにギスギスした関係じゃなくなってほっとした。春湖が2人を見て何を思っているのか読み取れませんw

七浦について
息を乱している汗だくの七浦かっけぇなと思ったりはしてないです。七浦が犯人ですかー。屋上に入れる場所を知ってるのは七浦だけだったし怪しいなとは思っていたけど。
七浦の主人は誰か
何が目的で黒板に文字を書き、菊地を襲ったのか
なぜ七浦は主人という人に従っているのか
七浦は誰? が気になるところ。
従うしかねぇって七浦は脅されてたりするのだろうか。七浦がゼレストリアの騎士見習いっていうのは嘘だと思えない。やっぱり自分はコットンであって欲しいんだけどなぁ。まぁグレンでもいいけど。なんだろうなー主人という人に言う通りに動けば戦争の確信に近づけるとか言われたとか?本当に過去、城や主を守れなかった事を後悔してて自分なりに戦争が起きた理由を知る為に動いてるだけならいいな。まぁその姫を七浦は攻撃しちゃったわけだけど…。菊地を襲った理由は、戦争の記憶を無理やりみんなに思い出させたかった、魔法をみて皆見達の力を見たかった(?)、ゼレストリアの使用人である菊地を襲う事によりベロニカを誘き出そうとしたくらいしか思い浮かばないな。いつ主人というのが七浦に近づいたかが気になる。初めからってのはない気がする。 七浦がここまで槙に本気だったのには驚いた。槙の為を思って言ってるんだけど嫌われる一方だな。このままじゃ槙が七浦好きになる事ないだろう。七浦は皆見の事を晴澄って呼んでるけど仲良い感じなのに敵なのね。

瀬々について
前は記憶実は持っているんじゃと思っていたけど、今は本当に思い出せていないんだと思う。ずっと昔から記憶があった晴澄記憶が思い出せない瀬々って対照的だよなー。最後のユージン王子にベロニカが言った台詞から瀬々はユージンなのかなと思う。同じ台詞を違う場所でも言ってたとかミスリードもありえるけれど。手紙のユージンは嘘なんじゃないかと思うんだよね。ベロニカ会いたいを見た時、ゼレストリア側はグレンだと思いモースヴィーグ側はユージンだと思った。ベロニカってわざと近しい人物っぽく書いたんじゃないかなーユージンと名乗っておくとベロニカも動くだろうと思ってとか。手紙の内容気になるなー瀬々は晴澄が悩んでいても簡単に解決策(?)どうすればいいかを言ったりいいキャラだよなー特に深くは考えてなさそうな言葉だけどそれが晴澄にとっては大きい言葉なように思える。楽観的だったりいいな瀬々!

菊地について
菊地が七浦の主人ってのもありだけどないかなー。自分にメールを送らせて自分が魔法を受けてたら凄すぎるw べロニカが晴澄と知ってしまったし主なら色々行動し始めるな。まずないだろうけど。大木がカーラと知ってえーみたいに思った菊地だし、ベロニカが男と知った今複雑な気持ちでいっぱいだろう。きっと。

新しく魔法を覚えさせる儀式
まさか晴澄が言いだすとはなー昔の晴澄だったらこんな事考えなかっただろうに。なんか今後こうしないといけなくなってくる気もしなくもないんだよなー。大友は反対してるけど。もしやる事になったとしたら七浦達的には邪魔だよな…。槙はこのまま儀式を試さないつもりなのだろうか。

最後はどういう状況なんだろう。一緒に逃げようとした?(協会だけが戦争の黒幕の場合)
ユージンにはどうしてもベロニカが必要で無理やり連れ出す必要があった?断ったから戦争になった?手嶋野の前世の横にいる人は矢沼の前世に何もしなくていいと言った人だろうか。(髪型的に)そうなると奇襲の理由わからないって言ってるし、この件と戦争は関係ないのか?過去早く分かって欲しいなー

手紙のユージンが本物であるかどうかはまだわからないけど気になるのは、この手紙の内容をみてのモースヴィーグ側の反応。ユージンがリュカと手を組んで城を攻めたんではと考えた時動揺したモースヴィーグ達。この手紙を読んでどう思う?王子が現れる事があったとして、今晴澄についてるみんなもどうなるんだろうか。無理やり魔法でみんなの記憶を蘇えらせるって今味方の人が敵になる可能性もあるし怖いなと思う。晴澄が魔法を撃ってベロニカと分かる教会の人って思ったり少ないんだな。晴澄の魔法って相手が攻撃してこないと意味ないし自分から攻撃できる魔法持ってないのだろうか。先生も怪しみだしたしそんな派手には動けない。色々な思惑が入り乱れ、色んな感情が絡みあう6巻でした。

前世と現世の力の違いに悔しがったり、現世の価値観が過去を揺るがしたりみんながみんな前世との違いにごちゃごちゃ悩んでてそれが面白い。みんなみたいにすぐに動く事はできないけど、自分ができる事を見つけだし動く都築に、咄嗟に血を渡す百花がかっこよかった!自分がすべきことを各々見つけていたり、それぞれ考えて動いてるとこがいいなと思う。晴澄は誰が敵かはわからないけど、味方はいる。槙は誰が味方かはわからないし信頼できる相手がいない。槙はこのまま七浦側につく(ふり)んだろうけど、例え七浦が味方だといってくれても主人とやらはどう思うのか…。七浦の気持ちを利用してたり、槙ちょっとひどいけど、まぁ七浦が悪いよねぇ。自業自得ってやつよ。次晴澄の正体がばれる相手は槙がいいなぁ。槙を助けてあげてよ。ずっと広木はグレンだと思っているけど、限定版の冊子とか読んだりするとやっぱバルトなのかなとも思う。あの過去の回想が不自然で気になってるんだけどなー。約束通りって約束をしていた相手はなぜ自分の携帯を使わないんだろう。と雑誌の感想に書いたけど勘違いしてたー菊地が仁科に今度(魔法)見せてくんねェ?って言ってたんだな。でも約束はしてない感じだけど。

☆☆☆☆
実に大友な巻でした。大友好きな自分は大満足。サイン会はシド二ーもいいなと思ってたけどやっぱり大友だろうな。今回の内容的に、大友リクエストが多そう。シドニー扉?とかに出てる時からかわいいなーと思ってたんだよなー。限定版はドラマCDはあまり興味ないので聴いてないけど(というか自分のイメージの声を大事にしたいからなかなか聴けない)面白かったー。上岡が空気になってきたな!晴澄を助けるために出てきちゃうと思ってるんだけどなー皆見の会いたい人は、モストン司教かと思ってる。4コマやキャラの私服とか見れて楽しい。限定版って初めて買ったけど次巻もそうならまた買いたいなと思う。
ドラマCDはいらないわ!

ボクラノキセキ 5巻

ボクラノキセキ 5 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)ボクラノキセキ 5 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
(2011/09/24)
久米田 夏緒

商品詳細を見る
誰が味方だ!?

◇土砂崩れに巻き込まれ怪我を負った晴澄達。それが魔法によるものかわからぬまま、彼らの日常の中に様々な疑惑が満ち始める…。

発売からかなりたってますが感想。今回初めてゼロサムWARDを買いましたー分厚いー重いー付録のブックカバー目当てだったんですが、思ってた以上にしっかりしてて嬉しいです。原画プレゼント一応応募してみましたが1名って…!無理だ!新連載以外は初めて読む漫画だったので話がよくわからなかったけど、楽しめた作品がいくつかあったので良かったです。普段読まないような話ばかりで新鮮でした。
4巻は一気に登場人物が増えたり混乱しましたが5巻で大分落ちついてきたような気がします。これ以上増える事はないんじゃないかなー増えても3、4人くらい?前世も覚えられないですし、もっと細かい人物相関図が欲しいです。

5巻はえっ…七浦!?∑(゚д゚;)って感じでした。個人的には七浦が悪者っていうのは嫌かなー。あれが演技だとは思えないし、あの言葉は全部本物であったと思いたい。あれ演技だったら凄いな。晴澄並だ。まぁ、この時はまだ自分が悪者であったという記憶を思い出してなかったとも考えられますけど。今まで七浦=コットンってなっていて(顔も性格もそっくり)なのに全然違う人でした…!ってのはなぁ…まぁ大木のように前世と顔が全然違うって事もあるしありえなくはないけどw

なぜ七浦はベロニカとグレンの事を知っていたのか?
考えられるのは

・本当にコットンだから

・昔誰かから聞いていた

・実はグレンである。(なんだってー)

・リュカであり2人が恋人同士でない事はなぜか知っていた


かな。自分の中で広木=グレンになってたんですがミスリードの可能性もあるし。槙に笑いかけた顔がグレンっぽくもなくもない。モースヴィーグ人じゃなく、ゼレストリア人に裏切りがいてもおかしくはないしね。皆見も色々な人を疑っているし、本当に信頼してるのが高尾くらいしかいないから大変だ。その高尾が実は…みたいな事はないといいな。

カラオケでの時、七浦はあんなに怒鳴っていたのにめんどくせェーどーでもいい といっていて違和感があったけど、なんだったんだろ。あれは深い意味なくて本当にどーでもよくなってたのか、演技だったのか。何もなくてただ面倒くさがり屋なだけかな。

七浦は本当にコットンで、カラオケの時に言った時のように真実を知りたがってる。でも自分の力、やり方で真実を知ろうとしている為に疑われるわけにはいかな…自分で書いてて意味わからry

まぁ、七浦が悪者だとしても小物の気がするかなw
コットンであって欲しいけど、最後のセリフから有り得ないのかなー…じゃあ本物のコットンどうしたって話になるけど。もし悪だとすると槙を利用する感じになる?大木さんも槙も七浦はサッパリしてていいって言ってる中で、七浦は何かよくない事を企んでたら怖いなー七浦は何が目的なのか、誰なのか気になります。槙に協力しているのは好きだからか、利用できるとか思っているからなのか。もし槙に誘われる事なかったとしたら一人で何かしら動いていたのかなーそれとも面倒だからと何もしていなかったか。

山に向けて魔法を打った人物が思いの他早くわかったので驚きました。よく考えればすぐに分かりそうだったのに気づかなくて悔しい。魔法使いたそうにしてたしね…。悪意がある人物ではなくて少し安心。槙以外は、見た人いないのかなー。大木さんはじめは男だと思ってました(笑)グレンとバルトもバルトが兄だと思ってました…orz
黒板にベロニカ会いたいと書いた人物は果たして誰か。これも案外次巻くらいには判明しているかも。前世の事を知りたくて仕方ない感じな仁科が気になる…大友と広木の提案にも不満だったみたいだし、そのうち1人で何かしそうで怖いな。黒板に書いたのも仁科なのかも…?

グレンとベロニカが恋人同士でなかったのはやっぱりそうかーって感じ。5巻読み始めてから、いやもう少し前の巻からそんな気はしてました。グレンがベロニカと付き合ってるとみんなが思っている事に違和感あったし、高尾が晴澄はグレンに会いたいと思っている事が不思議だった。ベロニカの恋人じゃなかったのはちょっと残念w
となると、気になるのは晴澄が会いたいと思っている人物かな。まだそれがグレンの可能性もあるけど。晴澄が春湖の事を分かってないのにはおいってツッコミたくなりました。瀬々の方が分かっているじゃないか。早く春湖がベロニカとグレンの事は誤解だって気づいてほしいな。

前も書いたけど大友は晴澄がベロニカだと明かしても、仲良くなるのは厳しそうだなと今回の話読んで特に思いました。大友はプライド?高そうだからなぁ。自分が教えよりベロニカを取ったなんて許せないんだろう。御堂に協会は沈黙する!と言った時、大友は何を思っていたのか。晴澄が大友を味方にしたらかなり大きい力になると思うんだけど。昔みたいな仲良い2人がみたいです。大友が城を離れなかった時の事を思い出せば晴澄に協力的になるかな。。

怪しいのはやっぱり教皇庁?
モストン先生の言葉が意味ありげで気になる。酷な運命はすでに決められた事、酷な運命とはモースヴィーグ人がゼレストリアを襲撃した事を指しているのか?ならモストン先生はその事を前々から知っていた…?協会もなんなんだろ。リュカはベロニカに攻撃してるしなぁ。大友は協会の人間だけどこの事は知らないみたいだし。リュカは神官だけど教皇庁にいたし、教皇庁とモースヴィーグがグルでゼレストリアを襲ったって事かな。

教皇庁の人間は出てこないのかな。
矢沼がユージン王子の顔が見えたってまさか、手嶋野がユージン!!と一瞬思いましたが流石にありえないですねww

晴澄が正体を明かしたらどうなるか。槙、大友、七浦がどんな反応を示すかが気になる。七浦は若干気づいているしそんな驚かないかな。
手嶋野がみたグレンはモースヴィーグが襲ってきた時のもの?ベロニカはいつも両耳イヤリングだったけど手嶋野の記憶では片方外れてるっぽいな。グレンはイヤリングしてるし。このへんは何かありそう。皆見が段々怖くなってきてるけど、それが皆見の中のベロニカの部分かな?信用しているのかなと思ってた人達も疑ってたり、皆見は大変だな…気が抜けなくてかわいそうだ。こんなんだと、そのうち疲れて倒れちゃいそう。

今回も謎の声の主、瀬々の正体は分からず。いつ分かるんだろ。早く知りたいです。

槙が晴澄を好きだったのは意外。ジュースは槙でしたか。晴澄が正体を明かしたとして槙はどう行動する?晴澄は槙がやろうととしてる事には反対するだろう。反対するよね?好きだった相手、いー奴と思っている晴澄を困らせてでも、仲間集めを続けるだろうか。続けそう…。晴澄がベロニカと分かったら大木さんは魔法打ったのは自分だというかもしれない。最終的にはみんなが晴澄側について教皇庁やら、リュカなどと戦うことになるのかな。そして真実を知ると。晴澄の願いむなしく学校が戦いの場所となって。学校が戦いの場所になるなら、前世関係ない人も巻き込んでしまうかもですね。前世のことなんだからいーじゃんと思ってる人もいれば、真実を明らかにすべきだという人もいる。ほと
んどは後者だ。前世を知った直後と違いみんなが冷静さを取り戻してる中、各々動き出してくるかもしれない。今まで味方だと思ってた人も、前世の重要な記憶を思い出し敵になるかもわからない。もし興味本位で魔法を使う人が出てきたら?次巻多分晴澄は正体を明かしてるだろうし、話も大きく動き出すと思うので楽しみです。

御堂がだんだん空気になってきてますね。それでこそ私の好きな御堂だ!(えー
彼は後々色々活躍してくれると期待してます。このまま空気になるなんてそんな事ないよね!!春湖も登場少なかったなー
ずっと気になっているんですが、矢沼と一緒に行動してた#16話の表紙にいる騎士は誰だろうか。仁科か?

☆☆☆☆
目の下にほくろがあるキャラは好きなのでリュカは好きですね。敬語なところもいいし。ここまでリュカは誰かとか考えてきましたが、もうリュカは山田さんでいいと思います!(ほくろ的に)

続きを読む

ボクラノキセキ 4巻

ボクラノキセキ 4巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)ボクラノキセキ 4巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
(2011/03/26)
久米田 夏緒

商品詳細を見る


いつのまにか好きになってた どこが?とかわからない ハッキリとした 理由とか全然ないの

◇王女・ベロニカであったという前世の記憶を持つ高校生・皆見春澄。かつても記憶を取り戻したクラスメイト達の前世での因縁や過去の身分への固執による諍いは悪化の一途を辿る。そんな中、事件が起きて…。

4巻発売しました。三省堂にて購入。特典は大友のイラストカード。アニメイトのペーパーも欲しかった…。サイン会は行けませんでしたが(東京ずるい)、三省堂海老名店の原画展は見に行く事できたしまぁいいか。

3巻終わりで、上岡を撃った人物は神官だと判明しましたが、4巻もまだ分からず。それどころか謎が増える一方です。
今回新たに分かった事は、
・皆見にも思い出せないことがある。
・まだ出てきてない神官の名前はリュカ・エルランジェ
・皆見の声はよく通る
・御堂は愛されている
・ユージン王子の顔(イケメン)
くらいですかね。
皆見に聴こえる声が気になる。この人物は城を陥落させた首謀者なのだろうか。この思い出せ!!とは何をなのか。2巻の時と同じ人物と考えていいかな。これがどんな力で(魔法?)で皆見に話かけてるのかは分かりませんが、皆見=ベロニカと知っているのでもし学校にいる人物なら今後出会う事もあるかも。
皆見の本心(ベロニカ?)の声みたいにも始めは思ったけど違うみたい。戦いが始まってからの記憶がみんなから抜けているなら手嶋野のいう「魔法を反射させて人にあててた」は戦いの最中の出来事だったのかもしれません。でも手嶋野の様子から違うかな。何かしらの手がかりにはなりそうですが。
皆見はずっと昔から王女だった記憶がありましたが、他にもそういう人がいないのかどうか気になります。なぜ皆見だけ覚えていたのだろうか。王女だからか。(そういう設定と言われたらそれまでですが)他に昔から記憶ある人がいるとしたら急襲した理由を知ってる人物ですかね。
記憶を思い出してきているみんなが戦争時の大事な記憶を失っているけど、これから徐々に思い出してくるのだろうか。広木のように魔法自体忘れている人が他にもいるなら、逆に戦争時の重要な記憶を思い出して来ている人もいるかも。
今皆見の正体を知っているのは高尾、御堂、都築、上岡、広木、モト、瀬々、手嶋野、目黒、矢沼の10人。誰かが喋ったりしない限り皆見の正体はばれなそうですが、手嶋野のようにベロニカの魔法をみた事ある人がいるならそれだけで分かりますねー。中学時代の同級生が他にもいるならそこからばれる可能性も。
七浦も気付いているような様子でしたし(今回その点について触れられてなかったけど)。皆見の様子をみてベロニカと重ねる人が出てくると思います。案外次巻くらいでベロニカだとみんなの前でカミングアウトしたりして。正体を明かしてない今は仁科のように皆見を疑う者が他に現れたり皆見が自分が思うように動けなかったり不利。他の人からみればお前えらそうに何?って感じだし。瀬々がみんなに正体明かせば?と言った時の皆見が何を思ってたかですね。正体を明かしたとしても、自分の死んだ理由、モースヴィーグが裏切った理由を知りたい人はいるから、皆見の思うようにはならないだろうけど。
皆見に聴こえる声と今回土砂崩れを起こした(まだそうかは分からないけど)人物は同一人物か。多分違う。怖いのがこの人物が敵でも味方でも友達だったとか関係なしに、人を傷つける事に躊躇しないって事。ひょっとしたら死んでいたかもしれないのに。ベロニカ=皆見を知って襲っているのか、ベロニカ姫をおびきだそうとしているのか。
瀬々の正体引っ張るなー。覚えていというベロニカの「私はこの城を守る」という言葉。私は?って事は瀬々の前世がベロニカ様逃げましょう。みたいな事言ったんですかねー。そうなるとベロニカに近い人物だった可能性高いですが。城を守るのはお前達だ。と言ってたベロニカがどうして私が守ると言ったのか。もしこの事を皆見が覚えているなら、瀬々がこの話をすればすぐに正体は分かります。というか、なぜこんな大事な話をまず皆見に言わない?顔や喋り方から瀬々はグレンっぽい。でもそう見せかけて王子がいいな。思い出せないってのが全て嘘な可能性もある。昔の事だろと言ってるのも思い出させたくないのかもしれない。うーん。
最後の黒板は王子かな。ベロニカって呼び捨てにできる相手は王子くらいかな?と。単に様をつけなかっただけの可能性もあるが。とりあえず書いた人物は皆見の正体を知らないって事ですね。王子とベロニカの関係はこれから書かれるんでしょうが愛はあったのでしょうか。なぜ同盟国のモースヴィーグが攻めてきたのか。今の所ゼレストリア人だと味方だと安心してますが、その中に裏切りもの(作戦知ってたもの)がいたのかもしれない。今はみんな記憶が曖昧だけど、これから思い出すのだとしたら今まで味方だと思ってた人も敵側になる可能性がある。もし、モースヴィーグ人がいきなり攻めて来た理由にアルダラスが関わっているならアルダラス人もこれから出てくるかもしれない。そうなるとえらい人数になりそうですが。今でさえ覚えるの大変だし。モースヴィーグの誰かがアルダラスと何らかの理由で手を組みゼレストリアを攻撃みたいな単純な事では多分ない。どういう理由でゼレストリアを裏切ったのかは分からないけど、裏切る事をした人はみんなが転生するのは予想外だったのか。転生(設定とry) なぜみんなが1年4組の教室なのか。他に違うクラスから出てくるって事はないのか。襲われた上岡が黒幕みたいなのはいやだし、全然無関係だといいな。前世が誰だとかは魔法の特徴なので少しは絞られるけど基本本人が言ったのを信じるしかない。
ちょっと怪しくなってきたのは広木。
最後広木の前世記憶?ですが、なぜグレンが…これただバルトがグレンの無事を願っている時、その時グレンは…って事なのか、それとも広木はバルトじゃなくてグレンだという事なのか。バルトがつけてるネックレスと広木がつけてるのが似てるけど何だーもう何を信じていいのかわからーん\(^O^)/全ての人が怪しくみえちゃいますね。大友だってカルロだからと威張ってますがそれもなー手を出されたら都合悪いとかね。大友は俺達が正しき姿へ導くという使命からか手荒い事をしようとするのがこわい。ベロニカとカルロは昔かなり仲良かったみたいだけど、例え皆見が大友に正体を明かしたとしても大友と皆見は対立しそうだ。教皇庁がなぜ「中立」を命じたのか。そこが気になる。何かしらにモースヴィーグが攻めてきた事に関係あったのかもしれない。「中立」に対しカルロは何を思っていたのかも気になる所。
もう少し過去の描写が欲しい。
地震が多いのも何か関係あるんだろう。今回春湖の心の中が分かった。こんな葛藤があったなんて。広木がバルトと知ってホッとしてたのもこういう理由からか。皆見がベロニカと知ってからの春湖の様子は御堂が思ったように、ベロニカ姫につき従うリダそのものに見えたので本当に好きだったんだなぁとなんか安心。前世の記憶よりも今のが大事だと思っている皆見がグレンが現れたらそっちへって事はないと思うけどなぁ。グレン現れてもいいけど転生してるなら男がいいですね。「王族の血を使う魔法」は多分あると思っていいんだろうなーそれと光の柱は関わっている?先生が怪しいと思い始めている。今怪我している皆見達にまた攻撃してくるか分からないけど、普通の人達を巻き込まずっていうのも難しいかもしれない。多分クラスメイトの黒髪タレ目な人がいいですね!魔法撃ってる所を関係ないクラスメイトに見られたら終わりだ。ベロニカの兄上はいないのかな。ちょっとみてみたいのだけど。

広木が不安だったのは皆見が昔の事を忘れたと思っていたから。でも、皆見にベロニカの姿はあると分かった今、もう自分の意志で動こうとはせず、ただベロニカを守ろうとしそう。皆見にとってはそれはいやな事だけど。モトはまぁどんまい。黒髪ショートの美人が好きになってるっぽいしいいじゃない。
3巻で広木みて赤くなってるなー百花。かわいい。

御堂には思いっきし大友に背いて欲しいんだけどなぁ。このまま大友の言う通り動いていたら過去と同じ事を繰り返してるだけだし。ベロニカと違う部分が気になると抜けたわけだけど、あんな「神よ!!」と喜んでいた御堂がさーこのままむちゃくちゃな大友に従うのはなんかなー…あの時は協会の仲間もいなかったし大分状況は違うのだけども。このままだと本当に影がうすく…
御堂といえば3巻小冊子のマントの下の謎も地味に気になる(=_=)

都築のようにもう関わりたくないような人物出てくるんだろうなー。ただ魔法が本当に使えるのか試したいって人もいるかも。

カバー裏4コマと巻末マンガ笑った。
大友ポーズ決めすぎだと思うよ!御堂はいじられキャラですね。
少しかわいそうだけど御堂好きだしカラーも満足でした。これから話も登場人物も増えて複雑になってくるだろうけど綺麗にまとめてくれるといいなぁ。
5巻では瀬々の正体くらいは分かってて欲しい。春湖の父ちゃんがよかったー

☆☆☆☆

ボクラノキセキ 3巻 

ボクラノキセキ 3 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)ボクラノキセキ 3 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
(2010/09/25)
久米田 夏緒

商品詳細を見る


「なぜ」の答えは絶対出ないから今まで考えないようにしてきたのに 知りたい でも知ってどうする 俺はベロニカは憎しみを抑えられるのか…?

◇王女・ベロニカであったという前世の記憶を持つ皆見晴澄と同じように、かつての記憶を取り戻し始めたクラスメイト達。
しかし、前世での因縁にとらわれた彼らは、現実世界に混乱をもたらし始める。


もっと「ボクラノキセキ」をプッシュして欲しい。


3巻発売しました。1年は待つかなと思っていたので嬉しくて仕方ありません。8ヶ月ぶりですね。
1.2巻を何度読み返した事か(笑)
今一番はまっている漫画、続きが気になってる漫画はと聞かれたらわたしはこの作品を答えるかもしれません。
こう読んでてぞくぞくってなる。うぉおおおーやっべーみたいな。最近読んだ漫画だとレッツ☆ラグーンがそうだったなー(☆5つけてるのは大概そうかもだけど)
大好きですこのマンガ。
上に書きましたが、発売日にそんなに並んでなかったりするんですよね…
私が買った書店では結構並んでいたのですが、他の書店にも行ってみた所2冊くらいでした。
そういえば、1.2巻探すのに苦労しました。結局なくて注文したし。
前世ものって好き嫌いありそうだし、掲載誌もマイナーですしあんま置いていないのは仕方ないかもですね。
悲しい。

【凄い事になってきました!】
続々と前世の記憶を持つ人達が出てきました。関係ないのかなと思ってた人達(矢沼)もそうだったり驚きです。
この時はなんとかなりましたが、皆見がベロニカだと名乗れない限り、またこんな事が起きるんじゃないかと思います。大友とも対立してしまってるし。現に晴澄の事を怪しむ人がいるし。
みんなの前で正体を明かす日がすぐにくる気がします。
晴澄は子供の頃から前世の記憶があり、今の生活を優先するが、クラスのみんなは前世の記憶を先に考える。
ぶつかるのも仕方ないんですよね…
晴澄も御堂もみんな前世の記憶と戦っている。晴澄の中には前世の事を知りたい自分もいるわけだし、前世の事を優先しないように、必死で自分を抑えている。爆発しないように。
瀬々の言う通り、昔の話なんだけど、クラスの人達にとってはそうではない。そんな風に単純に考える事はできないわけで。晴澄側につく人がいないのが痛いなと思いました。
もし、ベロニカだと名乗り過去の事に縛られるな、今が大事だろ!みたいな事言ってもみんないう通りにはしてくれないんだろうなー
どうして国が滅んだのかは知りたいに決まっているわけだし…。

今回城での事が少し明かされたけど、みんな重要な事を覚えていないというのが気になります。忘れさせる魔法でもあったのだろうか…
そもそも問題なのは何が目的でモースヴィーグ軍が攻めてきたか。光の柱が重要な気がします。
王子の近くにいた矢沼まで何も知らされていないというのもおかしい。
瀬々の正体が分からないのも嘘なのか、本当なのか。他の人は思い出しているのに、瀬々だけが分からないといっているのが怪しすぎます。グレンかもしれないし王子なのかもしれない。
王子が出てくれば話は動きだすんだけど。ここまで引っ張ってるんだから重要な人物だとは思っているんでが…。
前世の記憶を持ってる人が少ないけどこれから思い出してくる人もいるのだろうか。
口だけでしか確認できないから前世の姿を嘘つく事ができるというのもなぁ…
広木みたいに成りすまそうとする事なんていくらでもできちゃうじゃないか…

緊迫としている中、再会を喜び合ったりする姿は微笑ましくて好きです。バスケや恋話みたいな平和な事はもうなくなってくるんじゃないかなー
もう晴澄の思うようにはいかない気がします。
前世の時と同じ様にここで魔法の戦いが始まっていく気がする。
というか2巻の時も思いましたがこの終わり方はずるい!!
4巻は1年後ぐらいかな…(遠い目
謎が謎をよんでもうわけが分かりません(笑)

晴澄の正体を知っても自分の意志で動くと広木は言ったし、御堂も抜けた。
みんながそれぞれ自分の意志で動きだしちゃっているしどうなっていくことやら。
2巻で七浦が晴澄にベロニカを重ねたシーンがあったけど、七浦は何も言ってこない。
めんどくせーだし。うーん。

大友がいいですね!
御堂が一番ですが、大友も好きになりました!この自分の意志をちゃんと持っていて仕切ってる感じがかっこいい!方法が手荒すぎですが…

最後のおまけ漫画は笑ってしまいました。みんなこんな事思ってたのか。
大友くん目飛び出しすぎだから(笑)

という事で大友が好きです!!

☆☆☆☆☆

プロフィール

トラ

Author:トラ
少女マンガ・小説・テレビ番組などの感想を書いています。

ネタバレ注意!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。