10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パートナー 1?3巻+こどちゃ

パートナー (1) (りぼんマスコットコミックス (1200))パートナー (1) (りぼんマスコットコミックス (1200))
(2000/04)
小花 美穂

商品詳細を見る


「似てる」なんてものじゃなかった あれは萌だった…!! もういないはずの私の妹―
どうして…なんなのあれは 人間じゃなかった―!?




◇一卵性双生児の桜沢苗・萌と二卵性双生児の添田賢・武。彼らは高校で出会って意気投合し、楽しく学校生活を送っていた。苗は賢が好きであったが萌も賢のことを好きになり、やがて彼らは付き合うことになる。苗は自分の気持ちをついに言い出せず賢のことを諦めていた。
やっと吹っ切れてきた苗だったが、自分の賢への好意を萌が気づいていたと知り、萌と喧嘩をしてしまう。翌日、自分が悪かったと反省した苗は、仲直りするために萌に早めの誕生日プレゼントを買った。が、その日萌が交通事故死し、苗は萌と仲直りする前に死別してしまった。さらに、萌の遺体が何者かに盗まれ、遺族を大きく動揺させる。
事故の日から約3か月が経過し、夏休みが間近に迫っていた。彼女を亡くした賢はふさぎこみ、高校へ来なくなっていた。友人の吉野は苗と添田兄弟を励ますため、旅行を企画する。山陰に住んでいる吉野の伯父が家を空けるため、吉野は留守番を頼まれていたのであった。伯父はバイクをコレクションしており、それらにも乗ってよいという。それを聞き、ふさぎこんでいた賢も旅行へ行くことに。こうして、苗たちはみんなで山陰へ旅行に行くことになった。
旅先で苗・賢・武が買い出しに行った時、彼らは死んだはずの萌に遭遇!
思わず萌の腕を強く引っ張る賢。ここでありえない事が起きる。萌の腕が取れたのだ!!

萌は見知らぬ人の車に乗り込んで去ってしまう。
動揺しながらも車を追った彼らがたどりついたのは、製薬会社の工場だった。そこで彼らは工場のスタッフに拘束され、驚くべき事実を聞かされる。工場では死体を使った実験が行われており、そのために萌の遺体も盗まれ、萌はL・S・P(生きている人間剥製)として再生されたのだ。驚きと怒りを隠せない彼らであったが、工場内の監房に監禁されてしまい……。

最近になって小花さんの作品をまた読むようになりました!
『パートナー』ずっと読みたいと思っていたのですが、なかなか揃わなくて…
やっと読むことができました。

暗いです。これ少女漫画なのかよ!?って感じです。
こんな話よくりぼんで連載してたなぁ
当時りぼんで浮いてた(いい意味で)と思います。

―「日常」をなくし異常な世界へと巻き込まれていく―
?全てはじめから仕組まれていた―
捕まって監禁されてしまう3人、「脱出」を試みるのですが、みんな銃を持ってるためそう簡単には逃げる事はできません。
いいところで捕まってしまいます。博士をはじめとするここにいる人達ですが異常すぎます。
狂ってる。博士は『死体なんだからいいじゃないか 別に悪いことはしていない』 むしろ感謝して欲しいという考えです。
うわーぉ…
研究者の人達も博士をまるで神様扱いしてるのです。どうしようもないです。

仲直りしていないのに萌が死にしかも死体が盗まれる。それだけでも精神的に辛すぎるのに、監禁されてしまう。
生きて行かなきゃいけない 乗り越えていかなくちゃ…と思っていた所だったのに。

―辛く苦しい戦いが始まる―
―狙われる賢―
賢ちゃんは食事が喉を通りません。元彼女とこんな再会ですからね…当たり前です。
そこで、博士はtype04(萌)に食事を持って行かせてみようか…ですよ。
うわー…ひどい。正気なんて保てるわけないですよこんなの…見た目は萌そのものですし…
賢ちゃんはこの3人の中で一番弱いんですよね。博士ホントに恐ろしい人です(イケメンなのに

―武の存在―
武の存在が凄い大きかったなーと思います。こういう状態の中でこの明るさ! 自分も辛いのに苗の事を1番に考えている。これ、惚れますよ。黒髪ってだけで惚れます(笑)
性格といい、最高でした。

面白かったです! 全体的に暗かったですが、小花さんの作品ってそれが味?ですからね。
2巻のあれは本当にびっくりでした。いくらなんでもやりすぎですよ。
博士の…早く「5体目」がほしいね…伏線だったんですねー
はぁー凄いわ。

博士も可哀想な人だったんだな…
そんな過去があったなんて。
メモを入れていた人物が気づけなかったし、この人物の博士に対する思いも気づけなかった。
悔しい。

最後2人が喋るあたりは泣きそうになりました。これはずるい。
4巻まであるつもりで読んでいたら3巻までで変な感じでした(笑)

男の人でも普通に読めると思います。というか、小花さんの作品は全体的に読めそうですね。
あーよかった!
岩垣さんサイコーだった!

☆☆☆☆☆



cookie 9月号読みました!
懐かしかったです。
Honney Betterはたまに立ち読みする程度でちゃんと読んだ事ないのですが、いつかまとめて読みたいなと思っています。
絵柄が変わっていてショックでしたが、大好きな作品だったのでこういう形でまた読めて嬉しいです。コラボいいですね!
結婚はしてるだろうなとは思っていましたがまさか妊娠してるとは…!
しかも羽山とは別居中だなんて驚きました。玲くん変わってなくて安心しました。保護者っぷりは相変わらずでした。麻子さんと結婚してるんだろうなー
一番驚いたのは、羽山がロン毛だった事です。
多分この位じゃロン毛って言わない。でもショックでした…
髪を結んでいるなんてそんな羽山見たくなかった!
なんで子供を産む事を反対してるのか?とても気になりますが、個人的に一番気になってるのは千石先生がどうなったかですね!
小花さんなら彼の事を書いてくれると信じています(絶対書かない
10月号は26日発売。楽しみです。

羽山と紗南は理想のカップルでした。
紗南の鈍さといい羽山のツンデレといい最強だったと思います。羽山は私の嫁?です。直澄君も好きでした。溢れだす情熱をトランペットで表現するとか素敵すぎです!
「ぼくの事好きだなんて言う紗南ちゃんは嫌いだ」
人形病あたりの台詞だと思います。(今漫画手元になくて分からない
直澄くん紗南の事好きなのにこの台詞ですよ!
惚れた!
せっかく紗南が好きと言ってるのに…
羽山から紗南を奪えるチャンスだったのに!
直澄さんすげーよ!報われない片思い…素敵だ
直澄君の良さは今になってよく分かるんですがやっぱり羽山ですね!
これは変わらないです。
紗南のお母さんである実沙子さん頭の上でリスを飼うとかね凄いですよね(笑)
小花さんよくこんなの思いついたな…
ギャグも大好きでした。また時間がある時に初めから読みたいと思います。

関連記事 「こどものおもちゃ」 心を支え合う素敵な物語

Secret

プロフィール

トラ

Author:トラ
少女マンガ・小説・テレビ番組などの感想を書いています。

ネタバレ注意!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。